中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

何かと忙しい今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

原鉄道模型博物館+αに行ってみた

こんにちは、本日2件目の中野島原人です。。。

今月20日に横浜の原鉄道模型博物館に行ってきました。
メンバー母親&従弟(6歳…たぶん←)&私の計3人で、私自身は2度目の来館になります。以前行ったときはカメラを持ってなかったかなんかで写真が1枚もないので、いろんな写真が撮れるだろうなと思い私もついていくことにしました。というかヒマだったし


s_IMG_12618.jpg
博物館が入っている横浜三井ビルディングの1階ロビーに入っていきなりダンボールでできたD51がお出迎えw
最初は何事かと思いましたが、なんか九州の方で作られて全国を転々として展示されているものらしく、それがたまたま自分たちの来館とD51の展示時期が重なったというわけ。
ちなみに1162号機というのは実車では短い期間しか存在していませんでした。D51形としてののラストナンバーは1161号機で、1162号機は最初台湾向けにDT650形機関車として製造された1両でした。が、いろいろあって輸出できず、一時期1162号機として日本で活躍。その後輸出されて最終的には台湾で廃車されています。


s_IMG_12621.jpg
正面ドカン。


s_IMG_12619.jpg
連結器周り。ダンボールなのにこのクオリティは流石ですね…!


s_IMG_12623.jpg
前照灯下部にはちゃんと[架線注意]の標識が。


s_IMG_12624.jpg
ピストン周辺。


s_IMG_12625.jpg

s_IMG_12629.jpg
上写真がキャブ側面運転席側、下写真が助手席側です。製造銘板・区名札・検査表記など、結構凝ってますw
製造銘板から察するに、ダンボールD51は最初南島原の辺りで作られたんでしょうね。


s_IMG_12626.jpg
これ黒く塗ったらかなりそれっぽくなりそうですよね。でも作られてから2年経っても塗られてないってことは、ダンボールで出来ているってことを一目で見て分かるようにするためなんでしょうね。


s_IMG_12627.jpg
炭水車後部。


s_IMG_12630.jpg
2階に上がる際に少し見えたキャブ内部。なんかちょっと質素な感じがしなくもないので、まだ組み立て途中なんでしょうか…?


s_IMG_12635.jpg
一通りD51を堪能した後は本命の博物館へ!
この日はOゲージの運転体験をやってて、レイアウトが1つ増えてました。出てる車両がどれ一つとして分からないというwww


s_IMG_12655.jpg
この博物館一番の目玉、巨大レイアウトがある「いちばんテツモパーク」へ。"いちばん"はどういう意味なのかというと1番ゲージの"1番"のことです。
中央のターミナル駅の引き込み線にトラ45000が留置されているのを発見。外国型の車両が多い中では違和感を覚えますw


s_IMG_12665.jpg

s_IMG_12666.jpg
このレイアウトでは鉄製の線路に架線集電(1線除く)を採用しているのが最大の特徴です。
パンタ搭載車両は架線から電気を取るのでちゃんとパンタが追従します。そして鉄製の線路なのでジョイント音が明らかにリアルです。


s_IMG_12668.jpg
今回結構走ってる車両を撮りましたが、車両については全く分からないので説明は基本無しとします(汗
ただまあこの車両はDF200みたいだなあと←


s_IMG_12673.jpg
機関車の前面には[E03 002]と書かれています。
調べたところ、実車は1965年にドイツで作られた西ドイツ国鉄E03形電気機関車で、出力5950kWというEF200顔負けのバケモノ機関車だったそうですw
全部で4両製作され、1968年に日本の国鉄て言うところの形式称号改正があり103形に改番。量産機が登場すると103.0形と呼ばれて区別されたそうです。現在では1両が動態保存、他に数両が事業用などで現存してます。


s_IMG_12677.jpg
側面を流し撮り。


s_IMG_12682.jpg
架線や線路と同じように信号機もまたリアルです。場内信号機が3か所見えますが、本物同様の出来上がりですね。


s_IMG_12690.jpg
ターミナル駅の駅舎に集う人たち。


s_IMG_12691.jpg
なんかドローンで空中から俯瞰撮影してるみたい…
ちなみに駅舎の時計ですが、時刻は現実の時間と同じになってます。


s_IMG_12694.jpg
この時計です。建物の中には人がたくさん居ます。


s_IMG_12696.jpg
もういっこ奥にある建物です。すごい迫力ですね…!


s_IMG_12701.jpg
ナンバープレートには[96 001]とあります。調べるとドイツ国鉄96形蒸気機関車でした。
ドイツ最大のマレー式タンク蒸気機関車だそうで。ピストンが片側2か所の計4か所あるのがなんとも外国の蒸気機関車らしいです。


s_IMG_12722.jpg
ナンバーは[96 022]とあるので、1枚上と同じく96形ですね。最初は黄色くて目立つなーと思い撮っただけでしたが、まさか同じ形式とはw


s_IMG_12729.jpg
ウヒャー目立つゥ~w


s_IMG_12731.jpg
ターミナル駅に隣接している機関区です。この中に1両だけ日本の機関車が。
右側にC56が居ますw


s_IMG_12732.jpg
"クハ102"とあるこの車両。調べたんですがよく分かりませんでした。多分私鉄の車両なんじゃないかな。


s_IMG_12764.jpg
一定時間で照明が切り替わるのでいろいろな景色のレイアウトを撮ることができます。


s_IMG_12765.jpg
ちょうど暗くなったからバルブしてみたりw


s_IMG_12768.jpg
さすが鉄製の線路なだけあって輝き方が渋いです。


s_IMG_12775.jpg
96形を流し撮り。大きくて速そうな機関車ですが、実際の最高速度は50km/hしか出ません。まあ1913年に作られた車両なのでそんなもんですね。


s_IMG_12785.jpg
碓氷峠のめがね橋のような橋を渡るE03形。架線があると本物らしさがグッと増します!


s_IMG_12799.jpg
レイアウトを見渡してみるとこんな感じ。


s_IMG_12803.jpg
96形が牽いていたのは貨物列車です。日本で言う車扱貨物でしょうか?


s_IMG_12807.jpg
鉄橋を渡るE03。いい感じに橋にウェザリングされてて一瞬本物かと見紛うぐらいw


s_IMG_12826.jpg
箱根登山鉄道チキ1形です。実写は1919年製で、1950年に鋼体化と複電圧対応改造、1952年にモハ1形への形式称号が行われて現在も活躍中です。…96年前の車両がまだ生き残ってる(鋼体化や走行機器取り換えで当時の面影はありませんが)というのがにわかには信じがたいですが。
写真はチキ1形の3号車で、現在の実車はモハ1形103号車として活躍中です。


s_IMG_12836.jpg
さしずめ市内線と言ったところでしょうか、路面電車のような構造ですね。


s_IMG_12851.jpg
ここで博物館を出てまた少しD51を見学。完成当初は門デフだったみたいですが、今は普通のデフになってます。
この後は高島水際線公園へ行きます。


s_IMG_12861.jpg

s_IMG_12868.jpg
途中日産のショールームがあったので寄り道。なんか古い車が居るなーと思い撮影。ただその古さを感じさせないぐらいピカピカでした。


s_IMG_12877.jpg
5692レ EF64 1020[愛]+タキ11B  14:57 桜木町駅~東高島駅間にて
撮り鉄の間では知ってる人も多いこの場所。一度行ってみたかったんですよね~。
ちょうどカモレが来るようだったので撮りました。運よく64だったんですが、構図をミスってケツ切れをやらかす…。まあ改正で64はここを通らなくなったのでいい記録にはなりました。


以上です。今度は17時ちょうどに更新あります。
関連記事
スポンサーサイト

| 旅行/遠征記 | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ドイツ国鉄いいですよ

最近ドイツ型に凝ってまして。。。
E03や103(E03の量産機です)は200km/h出るようです。
そういう意味ではEF200以上かとw

| 浅屋高左衛門 | 2016/03/27 22:53 | URL |

浅屋高左衛門様、コメントありがとうございます。

E03については今回初めて調べてみましたが、最高速度200km/hというのはすごいですね。
速度ならEF200を軽く上回りますね。

| 中野島原人(管理人) | 2016/03/31 19:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://5467eh200901.blog.fc2.com/tb.php/1063-8f483276

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT