中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

北海道涼しかったなあ…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あの日から4年 ~あの日の記憶~

こんにちは、中野島原人です。

3.11東日本大震災から早いものでもう4年が経ちました。
あの1日だけで多くの方が亡くなりました。
あの1日だけで多くの家が流されました。
あの1日だけで原発が使い物にならなくなり処理に追われました。

あの1日だけで起きたことによって多くのものが失われました。
2011.3.11生まれの赤ちゃんなど、誕生した命もありましたが、恐らくは失われたものの方が多いと思います。


あの日私は家に居ました。1人で家にいたんですが、かなり怖かったです。
そこで今回は、その時の様子を覚えている範囲で綴っていきます。
ここからは一人称を「俺」とし、少し砕けた文章になりますのでご了承を。
この方が書きやすいし、いつもはこんな感じなんですよ私はw



2011年3月11日、俺は自宅でPCをやっていた。
当時中学を卒業し、特にやることが無くなった暇人状態の俺は、撮影に行くか家で暇を弄ぶぐらいしかやることが無かったんだよね。今思えばこの日は撮影に行かなくて良かったと心底思ってる。
3.11は母さんの誕生日で、外食に行くか家で少し豪華な夕食を摂るので、結構俺は楽しみにしてた。自分の誕生日じゃないのにねw
14時46分。PCの前に座っていつものようにカタカタやってると、なにやら家自体がカタカタしてきた←
俺は地震が大嫌いだ。まあ誰でもそうなんだろうが、俺の場合は震度3あたりでも動悸が半端なくなる。緊急地震速報なんかが来た時にゃあ若干パニック状態になるぐらいには嫌いだ。でもどうしてそこまで地震が嫌いなのかは自分でもよく分からない。

俺は苦手なものが3つある。雷、飛行機、それと地震。
雷は克服しつつあるんだが、飛行機と地震は依然として嫌い。
飛行機は札幌にいるおばあちゃんの家に行く際によく乗っていたが、以前着陸態勢で飛行中にストーンと機体が落ちた時があり、それがトラウマで嫌いなまま。今では札幌へ行くときは全行程鉄路で行ってるし。
しかし地震だけはなぜか嫌いな理由が分からないんだよなあ。俺が生まれる1年前に阪神・淡路大震災があったものの、直接的に関係はなさそうだしね。

話が逸れた。
で、カタカタしてる家のベランダに出てみると、少しずつ揺れが大きくなってくる。
「あ、これはやばいやつだ。」と思い、着の身着のまま家を出て(もちろん玄関は開け放した)近くの道の方へ行った。
このころには俺が今まで体験したことのないような揺れが襲ってきていた。この時俺は信じられないような事象を2つ見て感じた。
1つ目は地面が波打っているような感覚。後に分かった長周期地震動というものが元凶だが、なんだか酔いそうな感じがした。
2つ目は近くのマンションの最上階(15階建て)がユラユラ揺れているのが目視できたこと。これは本当に怖かった。マジで倒れてくるんじゃねえかと思った。
後に別のマンションの13階に住む友人に話を聞いたところ、そこではテレビが吹っ飛んで窓ガラスが割れて食器が落ちてとそれはそれは大惨事だったそうだ。

揺れが収まってから家に戻ると、いろんな物が落ちたりしていた。玄関に飾ってあった額に入った絵なんかが落ちていた。
いろいろ物を元に戻し、母さんへ連絡を入れる。意外とすんなり電話は繋がった。
幸い両親の仕事場は自宅から近く、自転車で10分ほどで行ける場所にあるからその点では安心した。
その後母さんが俺を迎えに来てくれて、一緒に母さんの実家へ。
そこで俺はテレビを見ていたんだが、最初は「揺れ」の被害の大きさを伝えていたニュースが「津波」の襲来のニュースになっていったのを見た。
黒い水が畑のビニールハウスを押しつぶし、家々を押し流し、人々を飲み込んでいく。世界の終わりに見えた。
俺がテレビのニュース映像をみただけでそう思えたんだから、現地の人たちはさぞ怖かったろうと思う。

上の方で書いた通り、3.11は母さんの誕生日だ。この日は近所のファミレスで食事をした。
府中街道に面したファミレスで、窓の外には歩く人の姿が大勢見えた。電車が止まり、道は渋滞に次ぐ渋滞で車・バス・タクシーは動かず、移動手段を絶たれた人たちが徒歩で帰宅している光景だった。"異様"だった。
2~3時間ぐらいファミレスに居た。多くの方が亡くなった3.11だが、誕生日は誕生日だ。母さんは「祝える雰囲気じゃないなあ」とか言ってたけど、母さんが望み好んで3.11に生まれたわけじゃないしね。

帰宅後は余震の恐怖もあったがなんとか眠りについた。寝てる途中に余震で起きた時もあった。
今思えばこの時の俺はかなり不安定だったかもしれない。

あれから1年、2年、3年と経つに連れて、あの時の記憶が曖昧になりかけていた。けど、4年目でこうして文章として残せたのは嬉しく思う。
最後になるが、亡くなられた方には哀悼の意を示します。できれば安らかに眠って欲しいです。


以上です。文字ばっかですいません…。
ではノシ
関連記事
スポンサーサイト

| お知らせ・雑記 | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://5467eh200901.blog.fc2.com/tb.php/656-1478f19c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT