中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

あれも欲しいこれも欲しいの連続で金が足りん

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自作エアホース付けてみた

こんばんは、本日2度目の中野島原人です。

さて、最近弟が所有する車両にエアホースを付けているのを見かけましてね。
なかなか様になっていたので、弟の方法をまねて私もやってみることにしました。

材料は0.4mmの銅線のみです。あとはニッパー・瞬間接着剤・塗料(黒・艶消しが最適)を用意しておきます。
一例として、機関車のエアホースの作成手順としては、
①銅線を適当な長さに切る。
②銅線を適当な長さに曲げる。
③スカートにあるコックのモールドの下部に0.4or0.5mmのピンバイスで穴を開け、銅線を差し込んで接着。
④再度形を整える。
⑤塗装して完成~
という感じです。

以下の写真は作業中の写真です。
EF81のスカートに加工を行っています。


s_DSCF21695.jpg
1、ジャンパ線取り付け

s_DSCF21696.jpg
2、左つり合い管取り付け

s_DSCF21697.jpg
3、右つり合い管取り付け

s_DSCF21698.jpg
4、ブレーキ管取り付け

s_DSCF21699.jpg
5、塗装

塗装の際はコックの部分にも実車に即した色に塗装しています。


s_DSCF21704.jpg
全て元通りに組み立てると、このような感じになります。スカート周りがだいぶにぎやかになりましたね。


s_DSCF21619.jpg
同様の方法でEF64 1016とEH200-1にも加工を施しました。特にEF64は加工の効果が大きいです。
この調子で他の機関車についてもエアホースの取り付けを行っていきたいですね。


以上です。ではノシ
関連記事
スポンサーサイト

| 鉄道模型 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://5467eh200901.blog.fc2.com/tb.php/876-43cff6e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT