中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

北海道涼しかったなあ…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家族で箱根旅行 後編

こんばんは、中野島原人です。

1件お知らせ。鉄道情報の記事ですが、記事の公開は18時以降、更新は基本21時までとします
以上お知らせでした。

では気を取り直して箱根旅行報告の後編です。今回で箱根旅行についての記事は最後になります。
前回のモハ1&2流し撮りに続きからどうぞ。


s_DSCF22101.jpg
橋梁名が書かれてました。それにしてもすごい沢の名前ですね。


s_DSCF22113.jpg
461レ 箱根登山鉄道2000形2003F+3000形3002号
14:49 強羅駅~彫刻の森駅間の地獄沢橋梁にて
ありゃまこれまた盛大に傾きましたね。水平を取ることができる構造物が架線柱ぐらいしかないので、撮る前にしっかり確認しないとこんな風になります(汗


s_DSCF22116.jpg
470レ 箱根登山鉄道モハ2形モハ110号+モハ109号  14:55
流しばっかりやってたんで、今度は止めてみました。森の中にある橋を渡るモハ2形…なんともいい風景ですなあ!
ここいらでこの地点での撮影を切り上げ、どうせここまで来たんなら乗ってみようとケーブルカーへ。


s_DSCF22119.jpg
49レ 箱根登山鉄道ケ100・200形HT1編成  15:08 強羅駅鋼索線ホームにて
既に入線していました。乗客もかなり多かったですね。
このケ100・200形ですが、ちゃんと編成番号が付いています。顔の赤い部分の右側にある[HT1]というのがそれで、この編成は[←早雲山 ケ201+ケ101 強羅→]という編成になっています。HT2編成も居て、2編成で運用している状況でした。
日本ではあまり見られないようなデザインのこの車両、それもそのはずで製造はスイスのガングロフ社という場所で1995年に造られました。ちなみに日本初の冷房搭載のケーブルカーだそうで。


s_DSCF22124.jpg
早雲山に到着。現在は箱根山の噴火警戒レベルが2なので、ロープウェイが運休になっています。それの代行手段として、伊豆箱根バスが代行バスを運行していました。
…最初ぱっと見で西武バスかと思っちゃった私(


s_DSCF22128.jpg
早雲山駅から強羅駅の方を見ます。この写真だとあまり分からないかもしれませんが、こう見えて結構下ってますw
途中何本かあった勾配票に[130.00]とか[150.00]とか書かれてて思わず二度見しましたw


s_DSCF22127.jpg
ケ100・200のどちらにも搭載されているシングルアームパンタです。落成当初はひし形だったようですが、後に交換されて今に至ります。

強羅駅に到着後、2番線に停車していたモハ1形103号に乗車。箱根湯本へ下り、帰宅前に夕食を食べます。


s_DSCF22136.jpg
箱根湯本に到着~。何とはなしにいろいろ撮影。
かなりの急カーブが多い路線なために、連結間隔が広く取られています。というわけなので、車両に備え付けのジャンパ連結器も気持ち長めになってます。


s_DSCF22139.jpg
テールライトのカンテラがなかなかいい味だしてますね。コキに付いてるものと酷似してるような気もしないでもないですが…どうなんでしょう?


s_DSCF22140.jpg
発車待ち。折り返し16:51発で、流石にこの時間帯からは下り列車のお客さんはだんだん減ってきます。


s_DSCF22145.jpg
モハ1形モハ107号の車内です。モハ1形の車内はロングシートとなっているのに対し、モハ2形の方はクロスシートとなっています。


s_DSCF22141.jpg
前面に掲出される行先表示版です。これとは別に箱根湯本駅バージョンもあります。


一旦駅を出て夕食を摂り、帰宅します。
この日は普段あまり乗らないロマンスカーで帰ることができました。しかし車種は7000形LSEです。

s_DSCF22173.jpg
ロマンスカー入線前に最後の登山電車撮影をば。箱根登山鉄道の車両には、全車両写真の位置に容量360ℓの水タンクが設けられています。最初はスカートかと思ってたんですが、的外れでしたね。
これはレールに散水して摩耗を防止するためのものです。他の路線での防止策としてはレールor車輪フランジに塗油を行いますが、急勾配を粘着運転で運行する箱根登山鉄道では塗油を行うことによって摩擦係数が下がって空転や滑走してしまうことは絶対に避けなければならなかったので、このような水タンクを装備して散水しているのださそうで。
ちなみに片道の運転でだいたい60~80ℓの水を消費するそうです。


s_DSCF22176.jpg
で、その水タンクに水を補給する設備が箱根湯本駅と強羅駅に設けられています。


s_DSCF22178.jpg
アレグラ号とベルニナ塗装の1000が並びます。アレグラは特急入線後に入生田車庫へ回送されていきました。
ちなみにアレグラがいる線路にはデッドセクションがあります。箱根登山鉄道鉄道線の小田原駅~箱根湯本駅間がDC1500Vなのに対し、箱根湯本駅~強羅駅間はDC750Vと電圧が違うためです。というわけなので、箱根登山鉄道の車両は複電圧対応となってます。


s_DSCF22182.jpg
0145レ 小田急7000形7003F 特急「はこね45号」
19:08 箱根湯本駅1番線にて
自分たちが乗るロマンスカーが入線してきました。折り返し19:18発特急「はこね46号」に乗車して帰宅しました。
登戸で乗り換える私にとって、向ヶ丘遊園に停車する特急というのはありがたいですね。というか遊園停めるなら登戸に止めればいい気がするんですが。


以上です。これにて箱根旅行編は終了です。引き続き今度は夏の北海道2015の更新をしていきま~す。
ではノシ
関連記事
スポンサーサイト

| 旅行/遠征記 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://5467eh200901.blog.fc2.com/tb.php/886-eaf219f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT