中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

何かと忙しい今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TNカプラー短縮化改造

こんにちは、中野島原人です。…ん?やっと模型ネタかよーどんだけ引きずってんだよーとか言う声が聞こえてきた希ガス。まあ気のせいか☆


今回は、TOMIX製機関車に付属するTNカプラーの短縮化加工のやり方を載せます。

s_DSCF9438.jpg
改造前の64の併結時の車間はこんな感じです。この64に改造を施します。



s_DSCF9440.jpg
1、まず加工するカプラーを車体から外します。使用する方は新品購入時付属品として付いてくるTNカプラーの方(写真下側のカプラー)を使います。アーノルトの方を使わないのはカプラーポケットが改造に適していないためです。


s_DSCF9444.jpg
2、バラします。


s_DSCF9445.jpg
3、次は隙間埋め用のクッションを入れますが、それにはウレタンを使用します。ウレタンが一番使い勝手がいいです。写真のウレタンはキャスコYP-016のものを使用していますが、ウレタンであればなんでもいいです。最終的にカッティングマットに赤丸で囲まれているウレタンの大きさまで切ります。


s_DSCF9446_201401231732567e2.jpg
4、写真はカプラーポケットの上側にウレタンを入れていますが、下側でも大丈夫です。赤い矢印のところにある出っ張りは切り取ってください(写真は切り取り済み)。


s_DSCF9447.jpg
5、切ったウレタンをぶち込みます。


s_DSCF9448.jpg
6、次はカプラーの加工をします。出っ張っている部分を切り落とします。下が加工前で上が加工後です。なおカプラーはTOMIXの品番0391・0393を使用してください。(写真に写っているカプラーは品番0391です。)


s_DSCF9449.jpg
7、写真のようにカプラーポケットの下側に入れます。


s_DSCF9450.jpg
8、切ったウレタンをぶちこんだ上側のカプラーポケットとを組み合わせます。


s_DSCF9451.jpg
9、カプラーを車体に取り付けて完成です。右側のカプラー未改造の車両と比べると短くなったのが一目瞭然です。


DSCF9452_convert_20140123164708.jpg
横から。


DSCF9453_convert_20140123164731.jpg
2両とも改造後連結してみました。この記事の一番上の写真と車間距離を見比べてみてください。


DSCF9454_convert_20140123164812.jpg
異形式併結。210の方も短縮化施工済みです。


今回はこれにて終了。今からもう一つ模型ネタ記事作ります。また後でノシ
関連記事
スポンサーサイト

| 鉄道模型 | 17:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちははじめまして。
カプラー加工の記事を読ませて頂きました。
0391のカプラーを短縮化になるとは思いもよりませんでした。
DD51のTNと機関車のTNは同じ構造ですかね?
まだ、DD51は持ってなくこれから発売するさよなら北斗星を購入予定でいます。DD51の連結間隔を短縮化を予定していて検討していたところです。この記事で考えるかまたは0396の自連SCを加工してやるか検討をしております。

| taka8222 | 2016/01/06 05:23 | URL | ≫ EDIT

taka8222様、コメントありがとうございます。

初めまして。閲覧ありがとうございます。

TOMIX製DD51のカプラーの構造は他のTOMIX製機関車とは若干違います。
私はTOMIXのDD51を持ってますが、この形式は付属のTNカプラーでも意外と連結間隔が短いため、未加工で取り付けています。
ただ構造が若干違うとはいえだいたいは同じなので、連結器の違いが気になるのであれば貴殿の仰った0396での短縮化をやるのも一つの手かもしれませんね。

しかし私はまだ0391・0393でしか短縮化をやったことが無いので、0396での短縮化はできるかどうかが分かりません…。
改造の要領は同じなので、ぜひやってみて結果を教えていただけたらなと思います(汗

| 中野島原人(管理人) | 2016/01/06 11:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://5467eh200901.blog.fc2.com/tb.php/98-f5c8138a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT