中野島原人(自称)の鉄道趣味の部屋

何かと忙しい今日この頃

≫ EDIT

北海道2017夏遠征 Part.4[苗穂資料館公開 その2]

こんばんは、中野島原人です。

前回の資料館公開その1に続いて今回はその2です。
画像があまりにも多いので4つの記事に分けて投稿することにしました。資料館公開関連の画像はその1が13枚で今回が16枚、その3とその4はそれぞれ22枚と23枚の予定です。


s_IMG_82204.jpg
D51とキハニ5000、DE10を撮った後には今回一番の収穫と言っても過言ではないC62 3を撮ります!

C62 3は1948年6月18日に日立製作所笠戸工場で落成しました。
新製配置は糸崎機関区で、その後は梅小路→小樽築港と転属して1976年3月19日に廃車されました。1年後に手宮鉄道館(今の小樽市総合博物館)に保存されましたが、動態復活のために1985年10月4日に小樽築港機関区へ移動、1988年3月3日に復元が完了し同年4月1日に車籍復活を果たしました。
C62ニセコ号で走った後、1996年11月8日に廃車。その後現在の場所で静態保存されました。今では苗穂運転所公開の際に入換機の牽引で動くことがたまにあります。


s_IMG_82213.jpg
C62の火室内部です。結構綺麗なように見えますね。


s_IMG_82214.jpg

s_IMG_82215.jpg
キャブの内部。バルブやメーターが所狭しと並びます。これらを全部確認したり弄ったりして運転してたと思うと機関士がいかに大変な仕事か分かりますね…


s_IMG_82222.jpg
面縦をもう1枚。


s_IMG_82229.jpg
形式写真も1枚。保存場所には立派な屋根が作られていて、保存状態は非常に良いです。


s_IMG_82234.jpg
ナンバー周辺。日立の文字がなんかかっこいいですね!


s_IMG_82236.jpg
炭水車の台車[LT243]です。貨車の台車に通じるものがある気がします。


s_IMG_82237.jpg
腕木式信号機を絡めて1枚。デカイ動輪が大迫力!


s_IMG_82242.jpg
キャブの屋根を見てみると、屋根を少し延長する形で無線アンテナが設置されていました。こういうところに復活後の名残が見て取れますね。


s_IMG_82244.jpg
C62が居る場所の近くにDMVが1両保存されてました。
開発当時相次いだ事故のせいで最終的に開発中止に至った悲運な車両です。


s_IMG_82247.jpg
キャブへの入り口から内部を。いやー渋い渋い…!


s_IMG_82251.jpg
ハンドルがギラリと鈍く光る。


s_IMG_82255.jpg
旋回窓から外を望みます。この視界の中で機関車を動かすのはさぞかし大変だったことでしょうね…


s_IMG_82264.jpg
汽笛です。C62はこのように傾けて設置されていたようですね。今も高崎で動いているC61やD51は地面に対して垂直に取り付けられています。


s_IMG_82266.jpg
検査表記です。NHは苗穂工場のことですね。北海道だとほかにはGK[五稜郭]とかありますね。


今回はここまで。次回やっと資料館の建物に入ります(
ではノシ

| 旅行/遠征記 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月10日の撮り鉄活動[東急 ~8606Fと青ガエルラッピングを撮る~]

こんばんは、中野島原人です。

先月10日は8606Fが日中運用に入ったとのことで東急へ撮影に行ってました。
基本は東急撮影だったのですが、それが終わってから帰ろうとしたところである事故が発生。もう1社の撮影にも行くことになりますがこれは記事を読み進んでのお楽しみ。


s_IMG_84995-1.jpg
001-121 東急5000系5111F  13:10 二子新地駅にて
まずは新地で8606Fを回収。1本前の5000で練習しましたが、久々に来たものでなかなか感覚が…(汗


s_IMG_85004-1.jpg

s_IMG_85006-1.jpg
033-121 東急8500系8606F  13:14
大井町の被りも無く無事に撮れました!
この場所はこの時間帯よりも2時間ぐらい後の方が光線良いんですが、その時間帯になると人多くて撮れそうにないのでね…


s_IMG_85023.jpg
125-131 東急6000系6101F  13:30 梶が谷駅にて
梶が谷まで行って大井町線からの直通急行を。すでに1本が7両化された6000系、6両編成を撮るなら今の内。


s_IMG_85033.jpg
溝の口に戻ってTwitterで知り合った方にNゲージを買い取らせてもらった後に並び目当てでいろいろ撮影。


s_IMG_85036.jpg
右:018-132 東急8500系8628F
左:106-132 東急9000系9001F  13:50 溝の口駅にて
ここでデントの列車を撮るとだいたい大井町線の車両が被るんですが、並びと捉えれば悪くないかも?
ちなみに土休日は一部列車で被らずに撮れる列車もあるっぽいです。


s_IMG_85070.jpg
貫通扉に凹みがある9011Fが来たのでスナップ風に。クハ9111の凹みっていつ頃からできたんでしょうか?


s_IMG_85081.jpg
9011FはB各で折り返してきました。


s_IMG_85092.jpg
114-141 西武6000系6158F  14:52 新丸子駅にて
8606Fが来る合間を縫って東横線へ。目当ては青ガエルラッピングです。
そこまで人が多くなかった新丸子で狙います。練習電には真っ黄色だった時期があった6158Fが来ました。


s_IMG_85095.jpg
584-141 埼玉高速鉄道2000系2104F  14:55
埼玉高速の車両撮ったのいつぶりだろ。撮る分には別にいいんですが、乗って座ろうと思うと椅子が硬くてアレなんですよね。


s_IMG_85100-1.jpg
006-141 東急5000系5122F  14:56
来ました来ました。予想以上の緑色w
"90"という東急90周年をかけた運番再現や前面への表記類追加、HM掲出などなど力が入ってますね。


s_IMG_85163-1.jpg
070-151 東武30000系31606F+31406F  16:19 すずかけ台駅にて
デントへ戻りすずかけ台へ。既に結構な人数の8606F待ちが居ましたが、なんとかスタンバイ。
運よく1本前の列車が東武30000だったんですが、この光線状態だと編成撮りは…(汗


s_IMG_85176-1.jpg
033-151 東急8500系8606F  16:24
結局面縦で落ち着きました。まあレンズの長さ足りないのでトリミング前提でしたが。


s_IMG_85184-1.jpg
033-162 東急8500系8606F  16:41 長津田駅にて
33K運用のクライマックス、長津田の坂を駆け下るところを縦アンで!
ド逆光だけどこれはこれでアリかも?


s_IMG_85187.jpg
夕陽が当たって輝く車体、8606Fのこの日の運用はこれで終了です。

さて帰ろうと溝の口経由で帰路に就いていたら小田急線の代々木八幡駅~参宮橋駅間にて沿線火災発生の一報が。
車両にも延焼したようで当分動かないかも…ということで、経堂行きになっている列車の記録に行くことに。


s_IMG_85191.jpg
**** 小田急2000形2052F  17:19 登戸駅にて
下手に動くと待ちぼうけ食らいそうだったので登戸で定点観測してました。
最初に来たのは2000の各停経堂行き。調べてみると上りの各停経堂行き自体は8両・10両共に定期であるようで。


s_IMG_85201.jpg

s_IMG_85202.jpg
電光掲示板は全て各停経堂行きの表示になってました。いくら定期で設定がある種別行先だとしてもこれはさすがにレアですねえ。


s_IMG_85206.jpg
6620? 小田急8000形8056F+3000形3256F  17:26(+34m?)
電光掲示板の情報を元に列番は推測しています。次は10両の各停が来ました。
定期だと平日土休日共に10時台に各停経堂行きがありますね。もっともその後準急新宿行きに化けるので、純粋な各停経堂行きというわけではないのですが。


s_IMG_85215.jpg
6622? 小田急1000形1092F  17:35(+33m?)
次は1000形の10両固定。なんだかあんまりネタさを感じないのはなぜ…?


s_IMG_85223.jpg
6624? 小田急2000形2054F  17:40(+28m?)
8両だとちょっとネタさを感じます。定期なら登戸は0:41発、なかなか見られないからかな。


s_IMG_85232.jpg
**** 小田急3000形3664F  17:45
おお、ネタ編成で来ると撮り甲斐がありますね!


s_IMG_85239.jpg
回**** 小田急7000形7004F  17:54
この時間帯3番線に4000の回送が停車したままだったので、7000の回送が緩行線を通過するシーンを見ることができました!
ちなみに4000はもともと快速急行だったようで。


s_IMG_85246.jpg
出発信号の開通方向を見るに急行線へ抜けたようですね。多分喜多見入庫したんでしょう。


s_IMG_85248.jpg
**** 小田急3000形3662F  17:56
インペリアルブルー帯の3000形8両編成。ただ流石に暗くて帯の色が良く分からん…


s_IMG_85262.jpg

s_IMG_85263.jpg
3662Fは登戸までは各停経堂行きで運転していたんですが、行き先変更があって成城学園前行きになりました。


s_IMG_85270.jpg
**** 小田急3000形3659F  18:05
感度アゲアゲ、SSサゲサゲで(
ここまでがエキセン撮影の限界でした。


s_IMG_85276.jpg

s_IMG_85279.jpg
**** 小田急2000形2059F  18:23 向ケ丘遊園駅にて
遊園まで行って本屋寄って帰ろうと思ったら2059Fが来たのでスナップを数枚。これはなかなか良さ…!


以上です。ではノシ

| 撮り鉄活動 | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

配6794レ(2017.4.18)

配6794レ [熊谷タ→新鶴見信(→東京タ)]
s_IMG_59849-1.jpg
記録:府中本町駅
編成:EF65 2095[新]+ムドDE10 108+チキ1両+タキ1両+コキ2両
↓車両の編成(上から1・2・3両目…の順)↓
ムドDE10 108
チキ5616
タキ1000-353
コキ104-1854
コキ107-427


1両目:DE10 108[JR貨物北関東ロジスティクス所有]
s_IMG_59851.jpg

2両目:チキ5616[千マリ/越中島貨物駅常備]
s_IMG_59852.jpg

3両目:タキ1000-353[仙台北港駅常備]
s_IMG_59853.jpg
ガソリン専用

4両目:コキ104-1854
s_IMG_59854.jpg
空コキ

5両目:コキ107-427
s_IMG_59855.jpg
空コキ

| 編成記録 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北海道2017夏遠征 Part.3[朝の臨時北斗・苗穂資料館公開 その1]

こんばんは、中野島原人です。

2日目(8/12)分の撮影記録です。この日は朝の臨時北斗に始まり、苗穂工場の資料館公開に行ってきました!
今回の北海道遠征で臨時北斗の次に楽しみにしていたイベントです!


s_IMG_82059.jpg

s_IMG_82060.jpg

s_IMG_82068-1.jpg
8024D キハ183系苗穂車4両 臨時特急「北斗88号」
2017.8.12 10:03-04 新札幌駅にて
まずは新札幌で臨時北斗を。運転3日目なので、そこそこ撮影者が居ました。
流しも決まって幸先良くスタートです!


s_IMG_82081-1.jpg
3056レ DF200-115[五]+コキ20B  10:07
お盆期間に入ったしどうせ貨物は来ないだろうと思ってたら一応来ました。
オール空コキのフレームライナーでしたが(


s_IMG_82091.jpg
1748M 731系サウG-120編成  10:10
731の中でもG-120・121の2本はG-119までの編成とどこか差異があるようです。
側窓の辺りがなんか違うみたいですけど、良くわかんないですね。


s_IMG_82095.jpg
回5424D キハ40 402[札ナホ]  10:26 札幌駅にて
札幌へ移動。札沼線末端区間で動いていたキハ40の回送が停車していました。


s_IMG_82100.jpg
キハ281系の台車、N-DT281Aです。キハ283系と同様の制御付き自然振り子式台車で、このごちゃごちゃ感がいつ見ても最高な台車です!


s_IMG_82103-1.jpg
4005D キハ283系釧路車8両 特急「スーパーおおぞら5号」 11:45
Sおおぞらで停車中のキハ283系。札幌駅は屋根で覆われているので、気動車が停車していると音がすごくて会話もままならなくなる程になります。


s_IMG_82123-1.jpg
3018M 789系サウHE-202編成+HE-102編成 特急「ライラック18号」 11:57
旭川からのライラックが到着。この時点で回送幕だったりすることもあるので、その辺は運ですね。


s_IMG_82137.jpg
回11D キハ183系函館車8両  12:04
苗穂の留置線からキハ183が到着。折返し12:15発の北斗12号になります。
お盆期間なだけあってか、自分が北海道にいた間はこの編成はバラされずにずっと8両で走ってたっぽいです。


s_IMG_82144.jpg
3176D キハ201系ナホD-102編成  12:06
キハ201の区間快速…なんですが、快速運転は札幌までなので苗穂通過した辺りで幕変わっちゃうんですよね。
今度菊水Sカーブで面縦してみたいです。

この辺で苗穂に移動、資料館見学へGOと思ったんですが、開館時間を30分間違えたので苗穂周辺を少しぶらつきましたw

s_IMG_82152.jpg
旭山動物園号とニセコエクスプレスが並びます。どちらももう長くないですね。
それにしてもこの2本、同じ形式って言っても信じてくれなさそうだなぁ←


s_IMG_82154.jpg
旭山動物園号を面縦。直近の運用だった富良野西岳ラベンダーエクスプレスの幕のままですね。


s_IMG_82156.jpg
キハ183-406が寝てました。現在唯一のとかち色500番代、特急の先頭に出てほしいなあと思っているのは私だけではないはず…!


s_IMG_82161.jpg
時間になったので資料館の方へ。最初は資料館の公開だけで工場構内の車両はほとんど見られないと思ってたんですが、資料館が敷地の奥の方にあって途中の保存車も普通に見ることができました!
キハニ5000形5005です。1929年に日本車輌製造東京支店でキハニ5005として落成、1941年に事業用客車化改造でヤ5010形ヤ5012、1953年の称号改正で客車から貨車に仕分けられたためにエ810形エ811、1960年12月6日に廃車後倉庫として使われていました。
1980年に復元改造が行われ、原番号に復帰されたり表記類は昔のものが書かれていたりします。


s_IMG_82169.jpg
1929年製とあってか旧字体の文字がありますね。


s_IMG_82163.jpg

s_IMG_82164.jpg
D51 237です。1938年10月27日に苗穂工場で落成しました。苗穂で落成した蒸気機関車第1号で、新製配置は岩見沢、そこからは函館→長万部→小樽築港と転属し1974年7月6日に廃車されました。
北海道生え抜きの機関車だったみたいですね。


s_IMG_82166.jpg
耐寒耐雪の密閉キャブですね。なかなか密閉キャブの蒸気を見る機会が無かったので新鮮でした。


s_IMG_82171.jpg
テンダー側から。


s_IMG_82177.jpg
側面から。ロッドには赤が入ってます。


s_IMG_82178.jpg
面縦。渋いですなあ。


s_IMG_82191.jpg
側面のナンバー。[鉄道省 苗穂工場]の文字が誇らしげに輝いていました。ナンバーの左側にあるものはタブレットキャッチャーです。


s_IMG_82192.jpg
工場構内を見渡すとDE10とC62 2が!
C62は見られないかなーと思ったらその周辺まで一般人が来ているのが見えたのでこれはラッキーと撮ることに。
ただその前にDE10もちゃんと撮っておきますw


s_IMG_82207.jpg
DE10 1125です。1971年11月に汽車製造大阪工場で落成しました。新製配置は秋田機関区で、その後は八王子→新庄→秋田→宇都宮と転属して廃車後にJR北海道に売却されました。
スノプラ付き旋回窓無しのB寒地仕様ですね。北海道に来てからは恐らく1度も自走してないんじゃないかなあと思います。


s_IMG_82210.jpg
DT132形台車です。DE10の台車には2軸3軸共に2種類あって、写真は3軸台車の前期です。この台車を履いたDE10で現役なのはかなり少なくなっています。


s_IMG_82211.jpg
DE10 1129です。1971年12月に汽車製造大阪工場で落成しました。新製配置は恐らく八戸機関区で、その後は長万部→八戸→釜石→宇都宮と転属して廃車後に前述の1125号機と共にJR北海道に売却されました。
1125号機と同じB寒地仕様で、1エンド側のスノプラが外されていますね。売却は部品取り用だと思うんですがどうなんでしょうか?


今回はここまで。資料館での画像が多いので、それ関連の記事だけで結構書けそうですw
ではノシ

| 旅行/遠征記 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2051レ(2017.4.13)

2051レ [(仙台タ→青森信→)五稜郭→札幌タ]
s_IMG_59507.jpg
記録:新札幌駅
編成:DF200-112[五]+コキ18両
コンテナ積載率:89%
↓貨車の編成(上から1・2・3両目…の順)↓
コキ107-936
コキ104-2740
コキ104-133
コキ107-1475
コキ104-98
コキ107-1089
コキ104-1765
コキ104-1050
コキ104-363
コキ107-471
コキ104-402
コキ104-962
コキ104-2506
コキ107-1283
コキ107-432
コキ106-580
コキ104-131
コキ106-192


1両目:コキ107-936
s_IMG_59512.jpg
UM12A-5791[北海道ジェイアール物流所有]
UM12A-5807[北海道ジェイアール物流所有]
UM12A-105499[北海道ジェイアール物流所有]

2両目:コキ104-2740
s_IMG_59513.jpg
空コキ

3両目:コキ104-133
s_IMG_59514.jpg
空コキ

4両目:コキ107-1475
s_IMG_59515.jpg
19G-16961
19G-2094
UR18A-11509[日本石油輸送所有]
UR19A-10488[日本石油輸送所有]
UR19A-10715[日本石油輸送所有]

5両目:コキ104-98
s_IMG_59516.jpg
UR19A-10726[日本石油輸送所有]
UR19A-15531[日本石油輸送所有]
UR19A-15975[日本石油輸送所有]
UR19A-11086[日本石油輸送所有]
UR19A-10508[日本石油輸送所有]

6両目:コキ107-1089
s_IMG_59517.jpg
UR19A-11320[日本石油輸送所有]
UR19A-10004[日本石油輸送所有]
UR19A-15843[日本石油輸送所有]
19D-23187
19D-17466

7両目:コキ104-1765
s_IMG_59518.jpg
UR19A-15122[日本石油輸送所有]
UR19A-15857[日本石油輸送所有]
19G-6305
19G-21446
19D-48256

8両目:コキ104-1050
s_IMG_59519.jpg
UR19A-15793[日本石油輸送所有]
UR19A-15849[日本石油輸送所有]
V19B-2277
19G-15525
V19B-551いた

9両目:コキ104-363
s_IMG_59520.jpg
UR19A-11510[日本石油輸送所有]
19D-15196
V19C-8624
19G-18001
19G-1920

10両目:コキ107-471
s_IMG_59521.jpg
19D-16664
V19C-454
19D-12171
19D-12162
19D-2445*

11両目:コキ104-402
s_IMG_59522.jpg
UR19A-21116[日本石油輸送所有]
19D-30361
V19C-1244
19G-169
19D-4007*

12両目:コキ104-962
s_IMG_59523.jpg
19D-3513
V19C-1776
U48A-30018[日本フレートライナー所有]

13両目:コキ104-2506
s_IMG_59524.jpg
19D-19192いた
19G-17766
19D-13433
19G-7303
19D-2485*

14両目:コキ107-1283
s_IMG_59525.jpg
19D-14641いた
19G-19024
19D-21945
19D-47365
19D-45199

15両目:コキ107-432
s_IMG_59526.jpg
V19B-5886
19G-16821
19G-10252
19G-6641
19G-6979

16両目:コキ106-580
s_IMG_59527.jpg
19D-31971いた
V19C-7062
19D-43147
19D-42974
19D-31518

17両目:コキ104-131
s_IMG_59528.jpg
U31A-122[福山通運所有]
V19C-8324
19D-2553*
19G-1289

18両目:コキ106-192
s_IMG_59529.jpg
UC7-109*6[西濃運輸所有]
U31A-551[日本フレートライナー所有]
UC7-109**[西濃運輸所有]

| 編成記録 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT